微熱


あきが微熱を出す。久恵がクローバーこどもクリニックへ
連れ出して、容態を診てもらう。咽喉が腫れているようで、
風邪とのこと。薬は処方せず、安静させることに。

あきには、かち気・つよ気というのがあって、
熱があっても、布団かけて熱くなっただの、
温泉行けば風邪は治る、とかいう。

親としては何とかおだやかにとおもうが、
こういう時に和らぐのがこのみだったりする。

あきに食べさせるゼリーを横で口をあけて
待っている顔は、エサまちのひよこのよう。


f:id:y-sakamoto0316:20160712024104j:plain



広告を非表示にする